本文へスキップ

Philosophy of Education Society of Japan

事務局:〒113-0033 東京都文京区本郷 7-3-1
東京大学大学院教育学研究科
基礎教育学コース田中智志研究室
Email: phil.ed.soc.jp@gmail.com

組織・規程ORGANIZATION & REGULATIONS

機関誌編集に関する規定

1977年10月8日制定
1996年10月6日改正
2001年10月14日改正
第1条
本会の機関誌『教育哲学研究』の編集には、理事会の委嘱を受けた下記の委員から成る編集委員会(以下、委員会と呼ぶ。)があたる。
 1.常任の委員若干名
 2.その他の委員若干名
第2条
委員の任期は2年とする。ただし再任を妨げない。
第3条
第1条第1項の委員は常任委員会を構成する。第1条第2項の委員は編集に必要な情報を蒐集・提供するとともに、常任委員会の会議に参加することができる。
第4条
委員会に委員長1名をおく。委員長の選任は常任理事会の推薦による。
第5条
委員会の事務を行なうために幹事若干名をおく。幹事は常任理事会が委嘱する。
第6条
委員会の事務局は学会事務局の中におくことを原則とする。
第7条
機関誌は毎年2号に分けて発行する。
第8条
機関誌各号の内容は委員会において決定する。
第9条
掲載される原稿について、委員会が筆者の再考を求めることがある。
付則
1.この規定は、2001年10月14日より実施する。

投稿要領

2016年11月8日改訂
1.機関誌への投稿内容は未刊のものに限る。

2.投稿論文は各号の締切日以後採択が判明するまで、紀要、他学会誌等、他の発表機関に対して重ねて投稿することは
  できない。

3.論文は、単著・共著にかかわらず、註を含めて二〇〇〇〇字(A4判十七枚)以内とする。

4.投稿にあたっては、原則としてワードプロセッサを使用すること。
  論文(註を含む)は、縦書き、1頁あたり三〇字×四〇行で作成すること。註は後註とするが、ワードプロセッサの
  注釈機能を使用しないこと。書式の詳細は、本学会ホームページの「『教育哲学研究』執筆要綱」を参考にすること
  (参考:執筆要項テンプレート)。
  論文とともに、英文摘要(英語で二五〇語程度)と、英文摘要の邦文を付すこと。
  論文と英文摘要の邦文はA4判用紙横置きで、英文摘要はA4判用紙縦置きでプリントアウト(ページ番号を付す)
  し、クリップ留めしたものを計四セット提出すること。
  なお、これらは返却されない。

5.審査の公平を期するため、原稿(英文摘要、邦文訳を含む)には、氏名、所属を記入しないこと。また論文中に
  「拙論」「拙著」あるいは「筆者の既発表論文」等投稿者名が判明するような記述を行わないこと。

6.校正時の大幅な書き直し、図版等で多額の出費を招く場合、執筆者に応分の負担を求めることがある。

7.投稿論文とは別に、
 ・論文の題目(ふりがな、および英文表記)、
 ・投稿者の氏名(ふりがな、および英文表記)、
 ・所属・職名(ふりがな、および英文表記)、
 ・自宅住所(郵便番号を含む)、
 ・電話番号、
 ・利用可能の場合、ファックス番号、
 ・メール・アドレス、
  を明記した別紙一枚を同封すること。

8.投稿論文と別紙は、下記宛に送付するものとする。

            記

〒113-0033
東京都文京区本郷 7-3-1
東京大学大学院教育学研究科
基礎教育学コース田中智志研究室 教育哲学会事務局
『教育哲学研究』編集委員会

寄贈図書について

学会への図書寄贈は学会事務局で受け付けております(編集委員会では寄贈を受け付けておりません)。図書を寄贈くださる場合は学会事務局までお送りください。よろしくお願いいたします。
事務局:
〒113--0033
東京都文京区本郷7-3-1
東京大学大学院教育学研究科
基礎教育学コース田中智志研究室

バナースペース

教 育 哲 学 会

代表理事:
    今井康雄(日本女子大学)
事務局長:
    田中智志(東京大学)

事務局:
〒113--0033
東京都文京区本郷7-3-1
東京大学大学院教育学研究科
基礎教育学コース田中智志研究室

E-mail:
 phil.ed.soc.jp
@gmail.com

郵便振替口座:00190-8-80059