本文へスキップ

Philosophy of Education Society of Japan

事務局:〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学
大学院教育学研究科 基礎教育学コース田中智志研究室
Email: phil.ed.soc.jp@gmail.com

組織・規程ORGANIZATION & REGULATIONS

教育哲学会会則

昭和32年5月3日制定
昭和36年11月1日改正
昭和43年10月26日改正
昭和52年10月8日改正
第1条
本学会は教育哲学会と称し、教育哲学の発展と普及を図り、会員相互の研究上の連絡と協力を促進することを目的とする。
第2条
本学会は第1条の目的を達成するために次の事業を行なう。
 1. 研究発表会の開催
 2. 機関誌および会報の発行
 3. 資料の蒐集・整理および刊行
 4. 他の研究団体との連絡
 5. その他本学会の目的達成に必要な事業
第3条
本学会は教育哲学の研究者によって組織される。本学会の会員となるには会員の推薦を必要とする。
第4条
本学会は第2条の事業を行なうために、次の役員をおく。
 1. 代表理事 1名
 2. 理事(代表理事を含む) 20名
 3. 常任理事 若干名
 4. 監査 2名
第5条
代表理事は会員の内から選出する。代表理事は本部を定め、諸会議を招集する。代表理事に事故のあるときは、常任理事の内1名がこれに代わる。
第6条
理事は会員の内から選出し、理事会を構成する。理事会は本学会の重要な事項を審議する。理事に欠員が生じた場合は、次点者をもって補い、その任期は前任者の残りの期間とする。
第7条
常任理事は理事の互選によって決定し、常任理事会を構成する。常任理事会は本学会の常務を審議し、執行する。
第8条
監査は会員の内から代表理事が推薦し、総会の承認を得て委嘱する。監査は本学会の会計を監査する。
第9条
役員の任期は3年とし、重任を妨げない。ただし、代表理事は3選されないものとする。役員任期の1年とは1学会年度を意味し、大会終了の翌日から次期大会終了の日までとする。
第10条
総会は年一回開き、本学会の重要事項を審議決定する。
第11条
本学会の本部に事務局を、事務局には事務局長1名、及び幹事若干名をおく。事務局長及び幹事は常任理事会の議を経て代表理事が委嘱する。
第12条
本学会に顧問をおくことができる。顧問は総会において推挙する。
第13条
機関誌の編集は、理事会の委嘱によって構成された編集委員会において行なう。その細則は別に定める。
第14条
本学会の経費は、会費その他の収入をもってこれにあてる。会費の額は総会で決定する。
第15条
会員の内、会費の納入を怠った者は、会員としての取扱いを受けないことがある。
第16条
本学会の会計年度は10月1日に始まり翌年9月30日に終る。
付則
本会則は、昭和52年10月8日より有効である。

会則運営に関する申し合わせ

昭和48年10月7日制定
平成元年10月17日改正
1.役員には改選の年の1月1日現在70歳未満の者をあてる。

2.役員選挙において同点者が生じた場合は抽選によって決定する。

会則運営に関する申し合わせ(2)

平成14年10月20日制定
平成15年10月1日実施
1.この申し合わせは、教育哲学会会則第15条に基づき、会費の納入を怠った者の取扱いに関して定めるものとする。

2.過去3学会年度以上、会費の納入を怠った者は、会員としての資格を停止するものとする。

3.前項に定める会員としての資格とは、機関誌の無償頒布、機関誌への投稿、大会における研究発表、役員選挙への参加および会報等により学会情報の提供を受けること等の学会活動に関わるものとする。

4.会員としての資格の停止は、滞納した会費を完納したときに解除される。特別の事情がある場合は、常任理事会の審議により、解除できるものとする。

※学会第41回大会総会(平成10年10月18日開催)の議決により、平成12年度より学会年会費は9, 000円となっております。

バナースペース

教 育 哲 学 会

代表理事:
    今井康雄(日本女子大学)
事務局長:
    田中智志(東京大学)

事務局:
〒113-0033
東京都文京区本郷 7-3-1
東京大学大学院教育学研究科
基礎教育学コース田中智志研究室

E-mail:
 phil.ed.soc.jp
@gmail.com

郵便振替口座:00190-8-80059